2018
06.09

昭和50年代のアニメ関連雑誌

Category: 骨董市
今月の骨董市の戦利品。





(右)昭和52年の別冊テレビランド増刊『ロマンアルバム サイボーグ009』徳間書店

(左)昭和56年の『アニメック第16号 機動戦士ガンダム大事典』ラ・ポート(株)


保存状態は良いとは言えませんが、40年ほどの年月を経て出会えるだけでもありがたい。
でも、当時は綺麗な表紙で書店に並び、胸を高鳴らせた誰かがこれを購入し、夢中になって読んだんだろうなと想像すると、なんだか切ないものがありますね。

我が家の本棚で休んでいくといいさ。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
06.08

ギネス

Category: 骨董市
古いギネスを見つけました。





一体いつの時代のものなんでしょうね。
名探偵ポワロのドラマでジャップ警部がギネスを持ってくるシーンがあるんですよね。
そのとき使われたギネス瓶は当時のラベルを再現したとか。
さすがにこれはポワロの時代よりあとかな? う〜ん、お酒好きにはロマンだ。


Comment:0  Trackback:0
2018
06.07

特大ニッパー君

Category: 骨董市
今日のニッパー君は特大サイズでした。





その重み、諭吉4人分でございます。


Comment:0  Trackback:0
2018
06.06

『オールド・パー』のピッチャー

Category: 骨董市
ウイスキー『オールド・パー』のピッチャーです。





数年前なら迷わず買っていたと思います。


Comment:0  Trackback:0
2018
06.05

小粒なタイル

Category: 骨董市
爪のサイズほどの小さなタイルたち。





自分でタイルを貼って楽しむ人向けなんでしょうが、見ているだけでも楽しくなります。


Comment:0  Trackback:0
2018
06.03

ガラスの小物

Category: 骨董市
いつも出店しているお店ですが、今までで一番心ときめくディスプレイでした。
ガラスの小物たち。





小樽でよくこういうの見かけたなと懐かしく。


Comment:0  Trackback:0
2018
06.02

鳥のトング

Category: 骨董市
今回の骨董市で一番最初に気になったもの。
鳥の形をしたトング。





数百円だったし、買っても良かったかなぁ。
愛用のトングがあるので見送りましたが、また出会えれば買おうかな。


Comment:0  Trackback:0
2018
04.28

ガラスのティーポット

Category: 骨董市
骨董市で購入した耐熱ガラスのティーポット。
500円くらいだったかなぁ。





とても薄いです。
で、持ち手は自分でつけたほうが使いやすいと思われる。





これは間違いなく息子に破壊されそうなので、冷蔵庫の中で活用することにしました。
とりあえずオレンジをはちみつ漬けにしてみました。
果肉をヨーグルトなどで食べたら、残りのオレンジ風味のついたはちみつは注ぎ口からホットミルクや紅茶に入れられます。
今回は白ワインを中にドバドバ注いでサングリア・ブランカにしました。

イチゴをはちみつ漬けにしたときは赤ワインで。
しょうゆ漬けにも使ってみようと思っているのですが、サングリア専用ポットになりそうな気配です。


Comment:0  Trackback:0
2018
04.27

王朝の彩飾 色合わせ見本帳

Category: 骨董市
骨董市の帰りに見つけた『王朝の彩飾』という本の色合わせ見本帳。
十二単の季節ごとの色合わせの見本とでもいいますか、実物の布が貼ってあるんです。素晴らしい。





個人的にすごく欲しかったんですが、諭吉さんが何人も旅立つので諦めました。
絵を描く人なんかはすごくいいかもしれないですね。


Comment:0  Trackback:0
2018
04.26

大正時代のポストカード

Category: 骨董市
12枚セットのポストカード。
大正4年のものです。





中身の絵柄は白黒写真。主に風景でした。
ときどき軍服姿の男性のものがあるのが、時代だなぁと思います。
これは中身よりもパッケージの赤いデザインが気に入ったのでした。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top