2018
02.23

牛乳瓶

Category: 骨董市
骨董市には牛乳瓶まで並びます。
どこでどうやって仕入れてくるんでしょうねぇ。





いわゆる企業などが宣伝のために作ったグッズというか、ノベルティと呼ばれるようなものも多いです。
昔のものだと企業のロゴが古かったりして味があるものですね。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
02.22

スプーンコレクション

Category: 骨董市
骨董市で見かけたスプーンのコレクション。





スプーンには紋章がついているのもあれば風車の形だったり、モーツァルトがいたり。
このコレクションにはどんな過去があるのか想像すると面白いですね。
スプーンへの思い入れの深さはやはり海外とは違うかもしれませんねぇ。


Comment:0  Trackback:0
2018
02.19

金魚

Category: 骨董市
桐生の骨董市が開催される日は『買場紗綾市』と『桐生楽市』も同時に行われます。それらをひっくるめて『桐生三大市』と呼ぶそうです。





買場紗綾市では毎回金魚も売っています。
私も夫も金魚が好きで飼いたいのですが、愛猫がいますので断念。
真冬に見る金魚もいいものです。


Comment:0  Trackback:0
2018
02.18

ぞうさんのマグカップ

Category: 骨董市
冬の骨董市では甘酒をよく買います。
これがまた格別です。
夏はかき氷もありますよ。春と秋はお団子ですかねぇ。





さて、甘酒を飲んだあと、今回は食器を買わないと決めていたのにまんまと購入してしまいました。





なんだか一目見て気に入ってしまったぞうさんのマグカップ。
長男に似合うなと思ったら、もう手に取ってしまいました。


何度か骨董市で後悔したこともあるので、直感でいいと思ったら迷わないことにしています。
よほどの値段でない限りはね。


Comment:0  Trackback:0
2018
02.17

講談社『カラー図説 日本大歳時記 座右版』

Category: 骨董市
骨董市に向かう道すがら、市内の古書店が出店していたので立ち寄ってみました。
これがもう大当たり!





講談社の日本大歳時記を発見。
1983年に出版されたものです。
監修は水原秋桜子や加藤楸邨、山本健吉。すごい豪華。


実は2000年に飯田龍太らが監修で、『カラー版 新・日本大歳時記』が出版されていて、そちらは全巻持っていたんですよね。
でも引っ越すときに売ってしまった気がします。今でも後悔しています。
とても素晴らしい本だったので、もう一度買い直そうか検討していたところだったのです。


ちょうど俳句や短歌の勉強をしたいなと思っていたので、いい買い物でした。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top