2016
03.30

椅子

Category: 骨董市
古びた椅子でしたが、なんとなく気に入ったもの。





柿渋とかで手入れしたらよさそうだなぁと見ていました。
最近、キッチンでちょっと座って休憩したくなるのです。運動不足かな……。体重が増えすぎたのかも。


結局買わずに去りましたが、後ろ髪ひかれる思いでした。
なんとなく気に入ったけど、そのときは買おうとも思わなかったもののほうが、かえって忘れがたい。
川端康成『雪国』の駒子の有名な台詞じゃないですけど、なんとなく好きだったものって、いつまでも記憶に残りますね。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
03.24

高崎駅弁『だるま弁当』

Category: うまいもん
高崎駅の駅弁のひとつ『だるま弁当』です。





高崎はだるまが有名なんですよね。
中身は、茶飯、山菜きのこ煮、穂先竹の子煮、椎茸煮、コールドチキン、鶏八幡巻、花豆煮、黒こんにゃく、
赤こんにゃく、栗、山くらげ、小ナス漬け、山ごぼう、だそうです。
食べ終わったら、器は貯金箱になります。


群馬県も美味しいものたくさんありますわ。


Comment:0  Trackback:0
2016
03.15

そろばんと『小さなバイキング』の弁当箱

Category: 骨董市
懐かしい匂いのする品々です。





このそろばん、どんな人が弾いてきたんでしょうね。

『小さなバイキング』はスウェーデンのルーネル・ヨンソンによる児童文学のアニメ。
こういうお弁当箱、ありましたねぇ。懐かしい。
ちなみに、この小さなバイキングは『ワンピース』の尾田栄一郎さんがワンピースの原点だと仰っていた作品だったと記憶しています。


Comment:0  Trackback:0
2016
03.15

オルガン

Category: 骨董市
とても古いオルガンでした。





鍵盤は修理すれば綺麗になりそうですね。弾けるのかな?
「誰か欲しい人いないかい?」と、店主の方が声をかけてくれました。
ちなみにお値段2万円。
お店のディスプレイなどにいかが? というお話でした。

でも、できることなら、もう一度奏でてあげたいですね。


Comment:0  Trackback:0
2016
03.13

香炉

Category: 骨董市
翡翠かなぁ。香炉かなぁ。
よくわからないけど気になったもの。





すごく気になるものって必ずあるんです、骨董市。
でも、手に取ってしまうともう離れられなくなりそうで怖いので、見てるだけにしてます(笑)



Comment:0  Trackback:0
2016
03.11

ウランガラス

Category: 骨董市
お値段的にも、ウランガラスかなぁと思われるものを発見。





手前と真ん中のグラスのお値段が全然違うけど、何故なのか遠目にはわかりませんでした(笑)





こちらは堂々と名乗っているウランガラスです。
来月にはもう売り切れてそうですねぇ。


Comment:0  Trackback:0
2016
03.07

白玉ワインのグラス

Category: 骨董市
大正から続く白玉ワインのグラス。とても小さいです。





隣には白玉ワイナリーという文字のグラスがおそろいで置いてありました。
翌月の骨董市ではもうなくなっていましたね。見つけられなかっただけなのか、もう売れたかな?


Comment:0  Trackback:0
back-to-top